ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. 事業紹介
  3. 環境保全事業
  4. 環境保全
  5. アスベスト除去

事業紹介環境保全

アスベスト除去

アスベスト除去

アスベストのことなら、すべてお任せください。

アスベスト除去のポイント

法規制の対象となるアスベストの含有率は、平成18年9月1日から0.1重量%以上に改 定されました。

0.1重量%以上のアスベストが見つかった場合、アスベストが周囲に飛散しないよう維持管理に努めなければいけません。また建築 基準法では、吹付けアスベスト等が使用されている建築物の増改築時には、囲い込み、 封じ込め又は除去が義務づけられています。

機器などの中にもアスベストは使われています。

アスベストは建材の他に分析機器の断熱材や保護材等にも使われています。機器等の解体には飛散防止のセキュリティゾーンを設置し、アスベストを処理する必要があります。機器類中の検査、分析から解体・除去もミヤマにお問い合わせください。

サンプリングも専任スタッフがおうかがいします。

アスベストのサンプリング(検体収集)も、アスベスト診断士R※が3名在籍するミヤ マの専任スタッフにおまかせください。
※社団法人日本石綿協会認定

アスベストの分析もミヤマにお任せください。

建材中のアスベスト分析から作業場内環境測定まで、当社で対応いたします。

アスベスト分析について詳しく見る(環境分析測定&リサーチのページへ)

アスベスト除去の流れ

SPTE1
現地調査
資料収集 / 現地下見 / 事前調査見積り / 工事概算見積り
SPTE2
事前調査
サンプリング調査 / アスベスト分析
作業場内環境測定
SPTE3
工事計画
除去撤去工事の計画を作成しご提案します。
作業場内環境測定
SPTE4
届出手続
関連監督省庁への工事計画届出手続き
(必要書類の作成・届出手続き代行)
作業場内環境測定
SPTE5
養生作業養生作業
アスベスト粉塵飛散シートで囲い込み、負圧状態とし、セキュリティーゾーン外への飛散を防ぎます。
SPTE6
除去作業除去作業
飛散防止剤散布 / アスベスト除去作業 / 分別解体(レベル2) / 大気中アスベスト測定
作業場内環境測定
SPTE7
荷造り
最終処分工程に合わせた荷造りを行います。
SPTE8
養生除去
作業場内環境測定
SPTE9
搬出
アスベストの知識を有するドライバーが安全な収集運搬を行います。
SPTE10
埋立処理または溶融
特別管理型処分場にて埋立。
重金属含有等により埋立基準に満たないものは溶融。
SPTE11
工事完了
作業記録の作成・保管 / 関連監督省庁報告
アスベスト除去のお問い合わせは、弊社営業担当又は下記までお気軽にどうぞ。 環境保全事業部 森田
ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、名古屋リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ