ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. 事業紹介
  3. 環境商品事業
  4. 化成品・薬剤
  5. ミヤマフロック カチオン・両性シリーズ

事業紹介化成品・薬剤

ミヤマフロック カチオン・両性シリーズ

常に変化する有機排水も1種類のフロックで対応、安定凝集が可能に。

生物処理を基本とする有機性排水では季節による水温変化などにより安定処理は困難でした。ミヤマのカチオン・両性シリーズは、排水性状の変化に対応する有効範囲の広さを活かして、通年同じ凝集剤での対応をご提案します。

従来高分子使用時
従来高分子使用時

ミヤマ選定高分子使用時
ミヤマ選定高分子使用時
(加圧浮上テスト)

メリット

  1. 排水性状の変化に対応する幅が広いため、通年同じ凝集剤が使用可能。管理労力を大幅に軽減します。
  2. 脱水汚泥発生量を削減。
  3. 添加量削減による処理コストの低減。

カチオン・両性シリーズ使用例

【某製紙工場様】

使用箇所: 脱水設備、SSの沈殿・加圧浮上設備、白水回収処理設備
使用目的: 脱水汚泥削減、省力化
カオチン・両性シリーズによる効果: 従来、年3回程度の凝集剤見直しが必要であったが、ミヤマフロックに切り替えた後は、各使用箇所で、年間を通じて1種類の凝集剤で対応。管理労力と経費を節減した。
ミヤマフロックのお問い合わせは、弊社営業担当又は下記までお気軽にどうぞ。 環境商品事業部 松下
  • 026-285-4166
  • 026-285-4688
ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、名古屋リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ