ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. ミクロ探偵団
  4. 香りの罠 アップルミント

コラムオンライン

ミクロ探偵団

ミクロ探偵団

葉の裏側と1,000倍で観察した分泌性葉毛

香りの罠 アップルミント

画像はアップルミントの葉を拡大したもの。丸い袋は分泌性葉毛と呼ばれる細胞で、虫よけ効果のあるメントールなどの成分が詰まっています。軽くこするだけでこの袋は割れるため、昆虫が葉を食べようとすると、袋が破裂し強烈な匂いを発します。調理でミントを叩いて加えるのもこの匂い袋を壊し、香りを引き立たせるため。葉には、普通の毛も生えており、昆虫の移動を妨害する役目も担っています。食べられるのを阻止するため、植物の葉には、多くの罠が仕掛けられ
ているのですね。

« 植物を支える宝石 プラントオパール | ミクロ探偵団 | ハスは泥より出でて泥に染まらず »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ