ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 森物語
  4. 第19話:森が守る冷たい水。

コラムオンライン

森物語

第19話:森が守る冷たい水。

夏、森を歩いていて渓流の水に手を浸すと、
その冷たさに驚かれたことがあるに違いありません。
それは渓流が森林に覆われて、太陽の光が遮られているからです。
もともと渓流の水は、雨水が地中へしみ込んだ地下水。
水の温度は地温の影響を受けますが、
地表から40~50センチの深さでは地温の日変化はみられなくなり、
10mぐらいの深さに達すると一年間の地温の変化は殆どなくなります。
地下水が地中から流れ出た時から大気に触れ、
日射を受け、水温が変化しますが、
森林内の渓流は木に覆われているので、
水温は気温の影響だけを受け、日中わずかに上昇するだけです。
このように森の渓流の水温は、地下水の温度が低いことに加えて、
日陰効果によって夏でも冷たいのです。森は夏のオアシスです。

« 第20話:森には住めない白樺。 | 森物語トップ | 第21話:森にいる掃除屋さん。 »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ