ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 森物語
  4. 第09話:森とマツタケ。

コラムオンライン

森物語

第09話:森とマツタケ。

秋が深まり冷気が森を覆うようになると森は色づき、
さまざまなきのこが顔を出します。
その中でも王様はマツタケだ。
マツタケは、いまでこそ高嶺の花ですが、
かつては大衆的な食品であった。
マツタケが減少した一因は赤松の伐採。
そして松林の土壌の肥沃化が主要因。
マツタケは元来、やせた山のきのこで、
落ち葉が厚く土が肥えた山には生えません。
人が森に入らなくなり、落ち葉が積もり、潅木が茂り、
木材や落ち葉を腐らせるかびやきのこが増えます。
こうなると松根は表面の肥えた土や落ち葉の中に上がってしまい、
マツタケの好きなやせた土の中に少なくなってしまいます。
マツタケを昔のようにと願うのなら、
松葉の落ち葉を掃除し、潅木を伐り払う。
私たちが森と親しむことなのかも知れません。

« 第08話:森は、元気の素。 | 森物語トップ | 第10話:森が支えた古代文明。 »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ