ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 樹々からの贈り物
  4. 第14話:信濃の国の木の話。

コラムオンライン

樹々からの贈り物

10.jpg

第14話:信濃の国の木の話。

長野県の古名は信濃。
シナノキが多く自生する「科野」から転じて
「信濃」になったとされます。
国名に用いる程大切にされた理由は、
木の皮にありました。
初夏の頃に内皮を剥ぎ、繊維をよって糸にします。
この糸で織り上げたのがシナ布。
麻が普及するまで最も主要な織物だったのです。



【シナノキ】
シナノキ科の日本特産種です。
木部は柔らかく耐久性に劣りますが、
シナ皮は現在もロープや布に使用されます。

« 第13話:子孫繁栄の縁起木 | 樹々からの贈り物トップ  | 第15話:根曲がりの響き»

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ