ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. 旧ピジョンポスト
  3. VOC汚染に幅広く対応
    鉄粉法による分解浄化サービス

旧ピジョンポスト

ピジョンポスト Vol.58

2008.09.10

VOC汚染に幅広く対応
鉄粉法による分解浄化サービス

kondoh.jpg

ミヤマではVOCの汚染土壌浄化技術として、複数の選択肢をご用意し、現場の状況、お客様のご要望に合わせて、最適な手法を提案しています。今回は、鉄粉法による分解浄化について、環境地質事業部事業部長の近藤武志に訊きました。


高濃度から低濃度まで、各種VOCを浄化


teppun.jpg

VOC汚染の浄化技術には、土壌を直接掘削して場外に搬出して無害化を行うものから、ガス吸引法など、幾つかの手法がありますが、鉄粉法による分解浄化は、多孔質で比表面積が2〜4㎡/gと大きく、反応性に富んだ特殊鉄粉を土壌中に混ぜ込み、鉄粉の還元分解によってVOCを無害化する手法です。


581list.jpg鉄粉法による分解浄化サービスは、多くのVOCに対応します。例えば、PCE(テトラクロロエチレン)、TCE(トリクロロエチレン)、c-DCE(シス-1,2-ジクロロエチレン)、MC(1,1,1-トリクロロエタン)、DCM(ジクロロメタン)等ですが、酸化分解法、バイオレメデーション、あるいは一般的な鉄粉法と比較しても対応可能なVOCの種類が多く、低濃度から高濃度まで広い範囲で効果を発揮するのも特徴です。また、汚染土壌中に粘土層がある場合にも大変効果が高い手法です。






3軸オーガーにより深部までくまなく浄化


pp58orgar.jpg

VOCの汚染は深部にまで及ぶケースが少なくありません。3軸オーガーによって地下60mまで混ぜ込みが可能ですから、汚染が深部にまでわたっている現場でも有効です。また、掘削除去のように、汚染土処理用のヤードは不要ですから、比較的狭い敷地での浄化作業も可能です。 特殊鉄粉の混合後、一定の養生期間を経てボーリングによる再調査を行い、VOCによる汚染浄化の確認を行います。なお、現場が土壌汚染対策法に基づく指定区域となっている場合は、浄化完了の確認により申請を行い、指定区域の解除ができます。 ミヤマでは重金属、農薬、油等の土壌汚染から埋設廃棄物の処理まで、事前調査・コンサルティングを含めたトータルのサービスで、最適な浄化手法をご提案いたします。弊社営業担当または下記までお気軽にお問い合わせください。


環境地質事業部
TEL:026-285-4183 E-Mail:geology@miyama.net



掲載内容は発行時点のものです。最新情報についてはお問い合わせください。

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
ISO14001認証取得サイト

IS014001認証取得サイト:本社、EM関発センター、長野テクノセンター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、大町工場、燕リサイクルセンター、秋田物流センター、東京物流センター、小牧物流センター、京都物流センター、大阪物流センター、岩手営業所、秋田営業所、仙台営業所、郡山営業所、宇都宮営業所、水戸営業所、新潟営業所、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、前橋営業所、埼玉営業所、千葉営業所、横浜営業所、静岡営業所、富山営業所、豊田営業所、小牧営業所、名古屋営業所、京都営業所、大阪営業所

IS045001認証取得サイト

IS045001認証取得サイト:本社(環境整備事業部/物流事業部)、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

IS014001に加え、労働安全衛生に関するマネージメント規格であるIS045001も4工場で取得しています。

ページの先頭へ