ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. 事業紹介
  3. 環境機械事業
  4. 環境機械事業
  5. 高分子凝集剤連続溶解装置

事業紹介環境機械事業

高分子凝集剤連続溶解装置

ミキシング&アクティブロータリーフィルターで完全溶解、ダイレクト供給

高分子凝集剤の供給から溶解、供給までオールインワン設計ですから、本体は超コンパクト。また排水ラインの中に簡単に組み込みが可能。排水ラインレイアウトの変更も不要です。

システムフロー

1.ホッパー 密閉構造で外気を遮断。内部傾斜面にドライエアーを供給し、湿気トラブルやブリッジ現象を防止します。また、液体センサーで貯留量を監視。アラームで凝集剤の補充を知らせます。

2.凝集剤供給フィーダー スクリューの回転で連続的に凝集剤を供給。ホッパー内の貯留料に影響されず、常に設定量を正確に供給します。また、濃度調整もスクリューの回転速度によって正確に行います。フィーダー部にはドライエアーを供給し、凝集剤の詰まりを防止しています。

3.ミキシングタンク 凝集剤が水中に一様に分散するよう撹拌を行います。内部はテフロンコーティングを施し、液の付着を防止しています。

4.溶解液供給ポンプ ミキシングタンクで均一に分散した低粘度液をアクティブロータリーフィルターに圧送します。ミキシングタンクとアクティブロータリフィルターの間に設置することで、完全溶解液の粘度による負荷を軽減、回転速度によって自由度の高い供給精度を実現しています。

5.アクティブロータリフィルター 供給ポンプから圧送された液は筒型メッシュ構造の内部に送り込まれ、メッシュ外側に溶解分が通過することで完全溶解液が得られます。この際、メッシュ内面に残った未溶解分は、内蔵ローラの回転による促進効果によって瞬時に膨潤し、完全溶解液となって通過します。

アクティブロータリーフィルター

供給ポンプから圧送された液は筒型メッシュ構造の内部に送り込まれ、メッシュ外側に溶解分が通過することで完全溶解液が得られます。この際、メッシュ内面に残った未溶解分は、内蔵ローラの回転による促進効果によって瞬時に膨潤し、完全溶解液となって通過します。

1.ミキシングタンクから均一に分散された液がメッシュ内に供給されます。

2.ポンプ圧とローラに押される力で、膨潤・溶解された分がメッシュの目を通過します。未溶解分は通過しません。

3.ミキシングタンクから送り込まれた液が未溶解分に接触、そして再び膨潤・溶解します。

この行程が連続的にアクティブロータリフィルター内で行われ、すべてが溶け、メッシュを通過します。そして完全溶解液が凝集槽へと供給されます。

メリット

(1)作り置きの溶解液不要。凝集剤の劣化を防ぎます。

従来方式では、凝集剤等の水溶性ポリマーを予め作り置きするため、時間の経過と共に溶解液が劣化し、パフォーマンスが低下してしまいます。
また、液状高分子ポリマーは、粉体に比べて高コスト、また種類が粉体に比べて少ないため、排水に最適なものを選定できなかったり、保管スペースを広く必要とする等の問題もあります。

これに対し、当装置では、必要なときに必要な量だけを溶解し供給しますから、作り置きする必要が一切なく、従って溶解液の劣化は生じず、常に最大の凝集効果が得られます。

(2)オペレーター、ストックタンク不要

ホッパに高分子凝集剤を入れるだけの全自動運転ですからオペレーターは不要です。また従来の作りおき用のストックタンクもいらない省スペース設計です。

高分子凝集剤連続溶解装置 仕様一覧

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ