ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 薬効食彩
  4. さくら

コラムオンライン

薬効食彩

さくら
ピジョンポスト 48号掲載

さくら

桃の節句に欠くことのできない桜餅。8代将軍吉宗の時代に長明寺の境内で塩漬けにした桜の葉で包んだ餅を売り出したのが始まりです。薄い皮で包まれた関東の長明寺桜餅に対し、関西では道明寺粉を使ったものが一般的です。

桜の葉の塩漬けに含まれるクマリンは、整腸作用があり二日酔いにも効くのだとか。 桜は葉だけでなく、おめでたい席で出される桜湯など、花や樹皮も楽しむことが出来ます。 特に樹皮は桜皮(おうひ)として煎じて飲めば食あたりに、身体に塗ると湿疹や 打ち身に効くそうです。桜の花粉は飲むと健康に良いと信じられていた事もあり、 花見には上から落ちてくる花粉を杯で飲むという意味もあったそうです。

実際に花粉には、エフェドリンと言う精神状態を高める興奮剤が含まれているとか。 花見の席が異様に盛り上がってしまうのは、お酒だけのせいではないのかも知れませんね。

« アンコウ | 薬効食彩トップ | 明日葉 »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ