ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 森物語
  4. 第23話:森に響く、木の悲鳴。

コラムオンライン

森物語

第23話:森に響く、木の悲鳴。

シンシンと凍れる冬の夜。くぐもった「ポーン」という音が
森のどこからともなく聞こえてくることがあるという。
これは寒さによって樹木の幹が割れるときの音。
詩的にいえば「木の悲鳴」といわれているものですが、
割れる瞬間を目撃した人はいないという。
だから幹が割れるときは、このような音がするであろう、
との想像であるともいえます。しかし、幹が割れている例は
わりと容易に見つけることができるという。
寒さで幹の水が凍って割れる現象を凍裂といい、
凍裂が発生した幹からは良い材木は取りにくく、
林業的に困った問題。
凍裂が発生した木では水分が異常に多く、
それが低温によって凍結する。
なぜ水分が多いのか。凍裂の原因を解明するには
木の成育環境などの研究が必要なのだという。

« 第22話:森林だったサハラ砂漠。 | 森物語トップ | 第24話:森には少年の夢があった。 »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ