ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 森物語
  4. 第14話:森を守る割箸。

コラムオンライン

森物語

第14話:森を守る割箸。

わが国で箸が使用されはじめたのは、
古事記にあることから、相当に古い。
しかし割箸の出現は江戸時代、文化文政の頃、
二八蕎麦などの大衆外食産業が盛んに。
この頃、杉製の「引裂箸」が江戸、京、
大阪で使われたというのが割箸が文献に現れる最初。
明治に吉野杉から建材用や樽用材を取った残りの
端材部分を利用した小判型や丁六方、元禄型、
そして利休型、大正に天削型が考案されました。
健全な森林を育てるには、除伐や間伐、
ツル切りなど十分な手入れが必要です。
そのためには山村で働く人々の十分な収入が大切。
早生樹や間伐材、タダ同然に安い端材を原材料として
利用する割箸製造は、山村地域の産業振興にも寄与し、
それが緑の守り手の育成になると期待されています。

« 第13話:森の木の年輪。 | 森物語トップ | 第15話:森の木は、春を予感する。 »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ