ミヤマ株式会社

  1. トップ
  2. コラムオンライン
  3. 森物語
  4. 第15話:森の木は、春を予感する。

コラムオンライン

森物語

第15話:森の木は、春を予感する。

森の木々は春になると芽を吹き、花を開く。
春の訪れをどうして知るのでしょうか。
木々は地域の気候に同調・適応しながら生活をしています。
熱帯の木は年中成長を続け、四季がはっきりしている日本では、
春に目覚め初秋にかけて生長し、花を咲かせ実を結びます。
やがて秋の短い日照時間と気温の低下を感じ取り、
成長を抑え、休眠を誘う植物ホルモンを生産。
落葉樹は葉を落とし生命活動を最低限まで落として休眠に入ります。
木々の目覚めを誘うのは気温の上昇。
冬の寒さを経験した木々たちは、およそ10℃以下の低温に
さらされると次第に眠りから覚め芽吹きの準備。
多くの木は1月の半ばを過ぎると、気温が上がってくれば
いつでも芽吹ける状態になります。
木々たちはいち早く春を予感しています。

« 第14話:森を守る割箸。 | 森物語トップ | 第16話:森は、話している。 »

ミヤマ株式会社〒381-2283
本社 長野市稲里一丁目5番地3
  • 026(285)4166(大代表)
  • 026(283)0011
お問い合わせ
OHSAS認証取得サイト

OHSAS認証取得サイト:本社(環境整備事業部・物流事業部 )、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター

ISO14001認証取得サイト

ISO14001認証取得サイト:本社、EM開発センター、上越工場、中野工場、燕工場、分水工場、燕リサイクルセンター、東京リサイクルセンター、大阪リサイクルセンター/大阪営業所、秋田リサイクルセンター/秋田営業所、小牧物流センター、上田営業所、松本営業所、諏訪営業所、甲府営業所、新潟営業所、富山営業所、京都営業所、名古屋営業所、静岡営業所、横浜営業所、千葉営業所、埼玉営業所、前橋営業所、水戸営業所、宇都宮営業所、仙台営業所、盛岡営業所、郡山営業所

ページの先頭へ